ビジネスメール | 無料のAIツール

Shimizu Chioka
720

受信メールと返信のポイントを教えると、ビジネスメールを礼儀正しく生成できるアプリです。

テキスト生成

アプリの概要

AIアプリ「ビジネスメール」の機能紹介

「ビジネスメール」AIアプリは、職場で受信した業務メールに対して、非常に礼儀正しい返信メールを作成できるアプリです。受信メールを投げて、返信したい内容のポイントを簡単に説明すると、非常に適切なビジネスメールを作成することを支援しています。

AIアプリ「ビジネルメール」に何ができる?

Anakin AIが提供してくれるビジネスメールアプリは、職場でメールのやり取りをよりシンプルにしています。できることは主に以下のようになっています:

  • 職場で受信した業務メールに快適に返信用のメールを自動作成することができる。

  • 返信したい内容のポイントを簡単に説明すると、内容を拡張して適切なビジネスメールを即座に生成できる。

  • ユーザーが提供した情報に基づいて、アプリが非常に礼儀正しいビジネスメールを自動生成する。

  • 作成された返信メール案は状況に適した非常に適切な内容になっている。

  • ユーザーは生成された返信メール案を必要に応じて加筆・修正し、返信を送信できる。

このように間なく適切なビジネスメールの返信ができるため、ビジネスシーンでのメール対応の効率化を実現できます。

AIアプリ「ビジネスメール」の利用シーン

ビジネスシーンにおいてメールは重要なコミュニケーションツールです。「ビジネスメール」アプリは、様々な業種・職種の方々に利用される場面があると考えられます。

例えば、

  • 営業職の方は、顧客との商談メールの返信に利用できる
  • 事務職の方は、取引先との発注・注文に関するメール対応に活用できる
  • エンジニアは、顧客からの仕様確認のメールに迅速に回答できる
  • 医療従事者は、患者からの健康相談メールの返信に使える

など、業務上のメールのやり取りをスムーズにすることで、多くの職種の業務効率化に役立つと言えます。

AIアプリ「ビジネスメール」の操作ガイド

  1. Anakin AIで「ビジネスメール」アプリを開きます。
  2. 受信したメールを「受信メール」の入力エリアに貼り付けます。
  3. 返信メールの宛名を記入して、返信したい内容を簡単に「返信内容」に記入します。
  4. 返信メールの署名を記入して「生成」ボタンをクリックして、右側の回答画面で適切な返信メールが表示されます。(ここで自分のニーズによってメールの口調を調整することも可能です。)
  5. 返信メールをそのまま利用することもできますし、下の「フィードバック」にアドバイスを入力して、より適切な返信メールを再生成することもできます。

AIアプリ「ビジネルメール」の使用例

ビジネルメールというAIアプリの使い方をより深く理解するために、ここで使用例を皆さんに紹介します。

受信メールの入力:

CC株式会社
営業部
山田様

明けましておめでとうございます。
株式会社DDの花子でございます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める所存でございます。
何卒本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。

なお、新年は、1月4日より通常営業に戻ります。
ご用命がありましたら、お気軽にご連絡ください。

花子

宛名の入力:

花子様

返信内容の入力:

  1. あけまして、おめでとうございます、来年もよろしくお願いします。
  2. 1月4日より営業再開ということもご承知しました。

署名の入力:

CC株式会社
営業部
山田様

AIアプリによって生成される返信メール:

株式会社DD

花子様

お疲れ様です。明けましておめでとうございます。

旧年中は、格別のご愛顧を賜り、心より感謝申し上げます。本年もより一層のサービス向上を目指し、社員一同努める所存でございます。何卒倍旧のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

また、新年は1月4日より通常営業に戻りますことを、ご承知しました。お手数をおかけいたしますが、ご用命がございましたら、お気軽にご連絡ください。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

敬具

CC株式会社
営業部
山田

テンプレートプロンプト

社内の関係者か取引先にビジネスメールを書いています。 このメールは、```{{署名}}```が```{{宛名}}```に対するメールです。 メールの主な内容:```{{メールの内容}}``` {{トーン}}トーンで、敬語も使って、礼儀正しいビジネスメールを作成してください。 受信したメール```{{受信メール}}```の内容に沿って適切な返信メールを作成してください。 受信したメールが「なし」の場合は、他の情報を参照して直接に新しいメールを作成してください。